シミを消すクリーム皮膚科について

シミを消す方法について

 

シミを消すクリームは皮膚科で処方してもらう事が出来るものが
あります。

 

効果が高いと言われていて、シミの悩みを抱えている人は、化粧品
などに頼るより皮膚科が良いと考えている人もいます。

 

 

シミを消すクリーム皮膚科処方

 

シミを消す方法について

 

シミを消すクリームは皮膚科で処方されるものとしては、代表的に
2種類あります。

 

ハイドロキノンとトレチノインですが、評価が高くシミを消したい
方にはおすすめできます。

 

@ハイドロキノンは肌の漂白剤を言われていて、できてしまった

シミに力を発揮する成分で、他の美容成分と比較すると、効果は、
10倍〜100倍ともいわれています。

 

紫外線を浴びる事により、メラニン色素が出来てそれが積み重なり
沈着することにより、シミとなってしまいます。メラニン色素を
作る細胞メラノサイトの働きを抑制させて、産生を抑える効果が
あります。

 

それだけでなく、皮膚に沈着したメラニン色素に働きかけるので、
シミを消してくれます。使い方は、シミからはみださないように
綿棒などで塗っていきます。

 

シミを消すクリームとして皮膚科で処方してくれるクリームですが
シミを消す為に有効なクリームとなっています。

 

Aトレチノインは強力に皮膚から押し出す効果があります。シミを

消す為に、シミを押し出すことにより、キレイな素肌を手に入れる
事が出来ます。

 

ビタミンAの誘導体となっているトレチノインはターンオーバーを促し、角質を剥離、メラニンを皮膚の外に排出します。

 

更にコラーゲンを生成する事が出来て、肌が美しくなるサポートを
してくれます。

 

シミを消すクリームですが、皮膚科で処方されるものとしては、
強力な力を持っているので、ヒリヒリした痛みや赤み、乾燥などが
現れる事もありますので、いつも以上に保湿をしっかり行う必要が
あります。

 

シミを排出して消すクリームですが、新しいシミを作り出すという
可能性もありますので、メラニン抑制効果のあるハイドロキノンと
両方使用して治療していく事が一般的となっています。

 

皮膚科で処方されるシミを消すクリームの成分はハイドロキノンや
トレキノイン配合の物が多いようです。

 

理由としては、黒くなったシミを白くすることができる成分なので
シミを消すクリームとして皮膚科で処方されています。

 

実際に、一般的な化粧品などにも配合されているものがありますが
皮膚科のように高い濃度ではなく、効果を期待する為にはかなりの
時間がかかります。

 

シミを消すクリームとして皮膚科で処方されるものは、肌にリスク
がある場合もありますので、パッチテストを行ったり、使用方法を
きちんと守って使う事が何よりも大切になってきます。

 

シミを消す為に使うクリームで、逆に肌の悩みを抱えてしまうと、
いけませんので、皮膚科の医師の説明をきちんと受けるようにして
シミを消す為に皮膚科のクリームを使っていきましょう。

 

 

シミ医薬品 ランキング