シミに効く医薬品に配合されている成分とその効果は?

シミ 医薬品 画像

今、薬局やインターネットサイトには多くのシミに効く
医薬品が販売されています。
どれを選べばいいのか悩んでしまいますよね。

 

そんな時、参考にしていただきたいのが配合されている成分です。
成分と期待出来る効果をしっかりと調べて、
どれが自身に一番合っているのかを探してくださいね。

 

 

タイプ別で分かるシミに効く医薬品の効果

 

メラニンの生成を抑えてくれるもの
L-システイン

 シミ 医薬品 画像

 

多くのシミに効く医薬品に配合されています。
アミノ酸の一種で、メラニンを無色化する効果があります。
つまり、今あるシミに有効な成分ということですね。

 

常に消費され続けているビタミンCを補う役割もあり、
栄養バランスを保つ効果も期待出来ます。
また、コラーゲンの生成を促してくれますので、
内側からハリのあるお肌を作り出してくれるのです。

 

 

アスコルビン酸[ビタミンC]

 シミ 医薬品 画像

 

L-システイン同様、多くのシミに効く医薬品に配合されています。

 

この成分の特徴は高い抗酸化作用を持っていることです。
メラノサイトを刺激する活性酸素の動きを抑制するには、
アスコルビン酸とビタミンCがとても有効です。

 

シミに効く医薬品に新たなシミを作らせない効果があるのは、
この2つの成分が働きかけてくれているからです。

 

美容面だけでなく、健康面にも効果を発揮してくれます。
歯ぐきや鼻からの出血を抑えたり、疲労回復に役立つ
とても優秀な成分です。

 

美容と健康を保つためになくてはならない大切な成分なんですよ。

 

 

インドキノキ

 シミ 医薬品 画像

 

あまり聞き慣れない名前かもしれませんが、
インドでは古くから親しまれている成分です。

 

強い太陽の日差しを浴びて、すくすくと育ったインドキノキには
高い美白効果があるとされ、心材から抽出される成分は
とても重宝されているそうです。

 

先人たちは、インドキノキで作った器に水を入れ、
毎朝その水を飲むということを習慣にしていたほどです。

 

 

トランサミン、トラネキサム酸

 シミ 医薬品 画像

 

どちらも皮膚科で処方されることの多い成分です。
医学的にも効果があると信頼されているということですね。

 

アレルギーや、肌の炎症に効果があるだけでなく、
口内炎や湿疹にも効果的なんだそうです。

 

 

メラニンを排出してくれるもの

 

ビタミンE

 シミ 医薬品 画像

 

メラノサイトが作り出したメラニン色素の沈着を防ぐために
働きかけてくれる成分です。

 

アスコルビン酸、ビタミンCと同じく強い抗酸化作用があり、
活性酸素の動きを抑制してくれます。

 

また、お肌の新陳代謝を向上させる効果もあり、
肌の老化を緩やかにしてくれるのです。

 

 

アスタキサンチン

 シミ 医薬品 画像

 

この成分にも高い抗酸化作用があります。
しかし、他の成分と比べてその作用はずば抜けており、
アンチエイジング効果のある成分として注目されています。

 

活性酸素の動くを抑制し、さらにメラニンを撃退してくれます。

 

予防するだけでなく、今あるシミにとても効果のある成分です。

 

 

ターンオーバーを促してくれるもの

 

プラセンタ

シミ 医薬品 画像

 

美容効果のある成分としてとても有名ですね。
美白、美肌効果があるとして多くの化粧品や美容液に
使われています。

 

特徴としては新陳代謝の向上効果です。
つまり、ターンオーバーがスムーズに行われるように
働きかけてくれるということなんです。

 

今あるシミを外へ排出させるために必要な成分ということですね。

 

 

セラミド

シミ 医薬品 画像

 

こちらも有名な成分です。名前を耳にしたことのある方も
多いのではないでしょうか。

 

セラミドには多くの水分が含まれていますので、
お肌へ潤いを与えてくれる効果が期待出来ます。

 

潤いのあるぷるんとしたお肌へ生まれ変わるだけでなく、
健康なお肌へと導いてくれる効果があります。

 

プラセンタ同様、ターンオーバーを促してくれるんですよ。

 

 

摂取する際に注意すべきこと

 シミ 医薬品 画像

 

上記に挙げた多くの成分がシミの予防、改善に役立っています。

 

では、摂取することによって副作用の心配はないのでしょうか。

 

 

第三類医薬品

 シミ 医薬品 画像

 

シミに効く医薬品には第三類医薬品に分類されているものがあります。
これは一定の効果があると認められた商品で、
薬として扱われるものなんです。

 

用法、用量は必ず守って服用するようにしてくださいね。
多量に摂取してしまえば、下痢や嘔吐の症状が現れる可能性
あるそうです。

 

用法、用量さえしっかりと守っていれば、副作用の心配のない
安全な商品と言えるでしょう。

 

 

ビタミンC

 シミ 医薬品 画像

 

アスコルビン酸やL-システインはビタミンCを含む成分です。
尿や便の数値に影響を及ぼす可能性がありますが、
身体に害があるものではありませんので、心配要りません。

 

しかし、健康診断などの検査前には必ず医師へ服用していることを
伝えてくださいね。

 

 

妊娠中や授乳中

 シミ 医薬品 画像

 

妊娠、授乳期でも服用出来る商品が多くあります。
不足しがちなビタミンCを補う役割や、ホルモンバランスの乱れが
原因のシミを予防してくれる効果があるんですよ。

 

妊娠、授乳期でも飲める商品かよく確認して、
それでも心配であればかかりつけの医師へとご相談ください。