顔のシミに困っているなら皮膚科処方の薬がおすすめ!

顔のシミについて

 

女性はもちろんのこと、男性も顔のシミに悩んでいます。

 

シミ改善や予防のためのアイテムは
最近多数販売されていますよね。

 

もちろんそれらのアイテムも効果的なのですが、
顔のシミを本気で治したいと思っている方は、
皮膚科に通院して治療している方や
これから行こうと思っている方も結構いるんです。

 

 

皮膚科でも治療出来る

 

顔のシミについて

 

皮膚科で顔のシミを治療する時、
どんな薬が処方されるのでしょうね?

 

何もわからないのに皮膚科を受診するのはちょっと…
という方もいるかもしれません。

 

ここでは、皮膚科で使用されている顔のシミの薬について
調べてみました。

 

現在、皮膚科で治療を受けている方も
これから治療をしようか考えている方も、参考にしてみて下さい。

 

お役に立てれば嬉しいです。

 

 

皮膚科で処方される薬

 

顔のシミについて

 

病院によって処方されるものは違いますし、
症状によっても違うので、
これが全部ということではないです。

 

ここでは、主な薬について紹介しますね。

 

 

塗り薬

 

ハイドロキノン軟膏

 

効果が高い薬で、塗るお肌の漂白剤とも言われています。

 

顔のシミの原因となるメラニン色素を生成する
メラノサイトというところに作用することで
高い美白効果を発揮してくれます。

 

とても効果がある分、肌には協力な刺激がある薬です。

 

なので、顔のシミの状態によって正しく処方してもらわなければ
安全に使用するのが難しい薬です。

 

使用上の注意や医師の指示を厳守して、
安全に使いましょう。

 

 

トレチノイン軟膏

 

皮膚科では、ニキビ治療にも使用されている薬で
ビタミンA誘導体の一つの薬です。

 

肌のターンオーバーを助け、コラーゲン生成することで
肌を若返らせる効果に優れている薬として有名です。

 

シミの原因となるメラニン色素を排出する助けもするので、
顔のシミ治療のみならず、予防にもとても効果があります。

 

 

飲み薬

 

トラネキサム酸

 

顔のシミの原因となる色素沈着を抑制する効果がある薬です。

 

それから、シミの直接の原因になるメラニン色素の生成を抑制する、
という効果も持っています。

 

女性ホルモンのバランスが乱れて起きる肝斑の医療には
特に効果があると言われており、処方する皮膚科は
とても多いんですよ。

 

 

ビタミン類

 

ビタミンCやビタミンEなどは抗酸化作用が優れており、
メラニン色素に作用するため、顔のシミ予防や改善に効果があります。

 

相乗効果も期待出来るので、何種類かのビタミン類を
一緒に処方する皮膚科も多いです。

 

 

シミ医薬品 ランキング