その顔のシミは実は病気のサインなのかも!

顔のシミについて

 

顔のシミで悩んでいる方ってたくさんいますよね?

 

顔のシミが出来てしまうと、もちろん肌トラブルだと
信じる方が多いと思います。

 

でも、実は顔のシミは肌だけの問題ではないらしいんです。

 

体調不良、ホルモンバランスの乱れというように、
何かの病気のサインということもあります。

 

どんな種類の顔のシミに病気のサイン?と疑うべきなのか、
どんな病気の可能性があるのか、という点について
知っておくことが大事です。

 

早くから知っておいた方が、顔のシミが出来た時に
肌だけの問題と軽視するのではなくて、
病気の早期発見や治療に役立つかもしれませんよ。

 

ここでは、顔のシミから予想出来る病気について
調べてみました。

 

なんだか体調が良くないかもと悩んでいる方、
顔のシミで困っている方は、参考にしてみて下さいね。

 

お役に立てたならば嬉しいです。

 

 

顔のシミから予想出来る病気

 

顔のシミについて

 

女性ホルモンが崩れている

 

女性は、顔のシミで悩んでいる時、
女性ホルモンのバランスが崩れていることが多いです。

 

エストロゲンという女性ホルモンが減少してしまうと、
シミの原因になるメラニンを増やしてしまうんです。

 

メラニンが増えてしまうということは、
もちろん顔のシミも増えてしまうということになりますよね?

 

女性ホルモンのバランスが崩れてしまうと、
疲労感を感じることが多く、肌トラブルも起きやすくなります。

 

更年期障害といった病気ならば仕方ない部分もあるのですが、
まだその年齢になっていないのに顔のシミが多くて困っている方は
婦人科系の病気かもしれないと思った方が良いです。

 

 

内臓機能の低下

 

内臓機能が低下してしまう病気、中でも肝臓や腎臓の病気になると
顔のシミが増えてしまうことがあります。

 

肝臓の病気が原因の顔のシミは、眉間に出来やすく、
腎臓の病気が原因の顔のシミは、頬の外側に出来やすいそうです。

 

肝臓や腎臓の働きが弱まってしまう病気になると、
新陳代謝も落ちてしまいますので、メラニン色素が蓄積し、
顔のシミとなって表面に出てきてしまうんです。

 

内臓系の病気を予防するためには、普段から生活習慣を良くして、
肝機能や腎臓機能をアップする食べ物を摂取するようにしましょう。

 

同じ場所に顔のシミがまた出来た、という時は、
これらの内臓の病気の可能性を考えた方が良い
です。

 

いつもの顔のシミだから…と決めつけて
同じスキンケアを続けるのではなく、
病気のサインかもしれないということも考えてみるようにしましょう。

 

 

シミ医薬品 ランキング